お知らせ

「階ム はじめて環排(カンパイ)Ⅳ」録音教材を2/28錬功会にて2回錬功し、皆様にお試しいただきました。
感想をいただきました為、ご紹介いたします。

◇「階ム はじめて環排Ⅳ」3,300円(税込)
カタカナ功訣にて収録

 

一回目、心臓と回りが、にごにごとした痛みが少しの間出ました。右の労宮の周りとゆびのかゆみが出ました。
最後の修練に、二回目、なんだか疲れて座ってやりたいくらいでした。心臓はなんともなく、右手の労宮が痒くてかゆくてでした。
後のほうで、我慢していたおならが、二回ぷぷ、ぷぷぷぷと続けて出ていました。

 

バージョンアップした「はじめて環排」を体験しました。
これをしている間、とても煙たくて咽そうになり、見ると、香炉から煙が真っすぐ私のことろにきて包み込んでいました!もともとこの功法は邪気が良く出るようですが、断トツで私の邪気がすごかったみたいです。そしてエネルギー量もすごいようで、四肢がダル重く、足の湧泉あたりが痛く感じました。そして、とても身体が暑くなりました。ふと「はじめて環排」の“心伝”が気になり、家に帰ってから教科書を見直しました。初めて気功をやりはじめた時の最初に習うので、どんな効力だったか随分記憶になかったのですが、読んでみると最初からとても絶大な効果を狙って作ってある、とんでもなくすごい功法なのだと改めて感じました。そして大事なのは、身体のどの部分にどういうエネルギーが通るのかをイメージすることだと思いました。このイメージをきちんと掴んで行うことで、その効力が何倍も違ってきます。

 

◉修錬時
・両足の経脈に沿って、ぶつぶつができ痒みが出る
・会陰にもかゆみあり
・10分もしないうちに、膝が痛み出し、足を伸ばしたり、組み替えたり。
◉錬功会にて
・先生の指示や功訣が始まると百会より柔らかく波動の細かいエネルギーがたくさん入ってきて、眠くなる。
・感覚としては、「温かい!」腕や足を通り抜ける際に、寒さ冷たさではなく、温かさの方が強く感じた。
・私の経脈の太さを上回る多量のエネルギーが流入してきたように感じた。
・特に、肩、ひじ、膝関節を通過する際に強い圧力がある。
・湧泉からだけでなく、足の指先からも邪気を排出する感覚が強かった。
・首から下、内臓がたくさんある部分の経脈を通過する際に、内臓にもエネルギーが広がっていく感じがした。経脈がものすごく太くなったような。エネルギーの量が多いから、そのように感じたのかも。

 

まず頭にボーンと、エネルギーを頂いてその後は頭が痛い
手と足が冷たい

 

足が冷たーい

 

バージョンアップを帯功前に開いた時から身体が暖かくなるのを感じた
修錬を始めると、いつも以上に足が黒ずんで足先が冷たく感じた

 

手のひらがパンパンになった
頭のいつも痛みを感じる部分がズキズキした。
両手を上に上げたときビリビリする感じがした。
手足が冷えている。

 

差し上げた腕がひんやりしてのち温かくなる
両手のひらが熱い。
悪い方の脚が怠く重い
終了後しばらくイライラがあった

 

両足首がジンジンしていた。
両膝に痛みが出ていた

 

1回目 手にエネルギーが入っているためか温かく感じた
2回目 お腹が鳴った。

 

音楽が鳴り始めると上からエネルギーの圧を感じた。
動作のところになると、身体全体がスース―して、メンソレータムを塗ったような、
寒いような、熱いような感覚になった。
錬功終了後も、「はじめて環排Ⅳ」の録音教材のことを考えると
スース―し、邪気が出ているのがわかった。

お知らせ

花の便りが各地から届く季節になりました。
同時に花粉症の季節でもあります。
本日より、花粉症対策専用の「花粉洗浄水」を販売します。
花粉症の季節となり、多くの方々から熱望いただき新発売します。
春の訪れと伴に、花粉症に悩まされる方々が多くなります。
今年の春は、コロナ感染症の予防のために、マスクをしながら咳や鼻水対策をしなければ成りません。
大変ご好評をいただいています「天のまなみ」を「花粉症」の対策用として特別に作用を追加・強化して新発売します。
どうぞ、ご活用ください。
・眼を洗う
・鼻を洗う
・口をすすぐ
・口の奥から鼻にかけて洗う
・うがをする
・飲む(痒いところに届けると思って飲む)
噴霧量の大きいスプレー容器を使い、花粉を洗い流すようにお使いください。
☆利用者の声☆
・目にスプレーすると腫れぼったさがすっきりした
・飲用するとのどに効いた
・飲用すると鼻通りがすっきりした
・目にスプレーすると痒みがおさまった
・手の指先がしびれるように感じた

お知らせ

Regarding Hinomoto intangible vaccine for COVID-19

Kiko (qigong) is a form of self healing that has been practiced for thousands of years in China, based on observation of one’s inner nature in relation to the universe.

Hinomoto Genkyoku is a method of kiko that has developed based on Genkyoku, a school that was passed down from generation to generation in China for over 800 years. Seeing humans as one component of nature, it strives to enrich both mind and body in balance with nature.

Through a series of courses followed by regular practice, practitioners correct the flow of ki (qi) in the body, and return the flow of blood and bodily fluids to their proper state, so that bodily organs can function correctly. This enables one to help others, and to transmit energy not only to family members but to all living beings.

Hinomoto Genkyoku is under the leadership of Masuda Yobun, who studied under Zhang Zhixiang in China, and was personally chosen as his successor. For nearly 30 years he has continued to train practitioners, from beginners to seasoned veterans, in the theory and practice of the Genkyoku school. For those who are unable to take part directly, through remote application of ki he has helped people with a variety of both physical and mental afflictions.

From 2020, when COVID-19 began infecting large numbers of people worldwide, he has administered an intangible anti-viral “vaccine” to over 300 people in Japan and elsewhere, and to date no one has become infected.

This Hinomoto Intangible Vaccine is based on the Genkyoku theory that there is an intangible body overlapping with our physical body, and that both exert influence on the other. By working on the intangible body, the physical body is in turn affected.

As with the flow of ki, because it is invisible to the eye, for most people the idea is unbelievable, and for this reason we have not publicised the existence of the vaccine up to now. However, with COVID-19 continuing to ravage the world, we are taking the view that if there are people who are able to believe in this, and wish to receive the vaccine, it will benefit society, and have thus taken the step of making it public.

 

Details of treatment

San-Gen energy is sent continuously for 7 days, 24 hours a day, working on the subject’s immune system.
The energy is delivered remotely, so the subject can continue their life as normal.
It can be delivered to large numbers of people simultaneously.
The fee for treatment is 33,000 yen (incl. tax) per person.
Anyone can receive treatment.

  • Please apply by email (hinomoto@genkyoku.net) .
  • Please provide us with the name, address, date of birth, and a recent photograph of the person to receive the treatment.
  • We will contact you once we have confirmed payment.
  • Treatment generally begins from midnight on Mondays (Japan time), but may be implemented earlier if needed.
  • We will contact you by email after the treatment starts.
  • A certificate of treatment will be sent at a later date.
  • For those already infected with COVID-19, those with other serious illnesses, elderly people, those with allergies or collagen disease, and people in a weakened state after surgery etc, supplementary treatments may be recommended

 

Qigong Class Hinomoto-Genkyoku
1969-2 Shingumachi, Takayama City, Gifu Prefecture, Japan 506-0035
TEL 0577-33-3556 FAX 0577-33-3635
e-mail hinomoto@genkyoku.net
URL https://www.hinomoto-genkyoku.net/

お知らせ, ご報告

東京都新宿区住民への「無形ワクチン・HINOMOTO」施術について

「無形ワクチン・HINOMOTO」は、元極功法理論に則り、無形肉体に作用させ有形肉体に結果を出す方法ですが、
見えないことで一般には信じがたいこともあり、おおっぴらに知らしめすこともしていませんでした。
一部、既に海外移住者を含め300人を超える希望者に施術してきましたが、
現在のところ、一人の発症者も出ていません。
昨今、急激な感染を見て、信じることのできる人達が要望すれば、社会的に大きなプラスとなるので、
社会に知ってもらうことにしました。

1月13日12時より東京都新宿区住民全員への「無形ワクチン・HINOMOTO」を施術開始します。
効果が出始めるまで1週間かかります。
既に罹患している方には、同時に気絶神倉法を施術します。
新型コロナの感染率の推移をご注意ください。

詳しくは下記リンクをクリックください。
無形ワクチン・HINOMOTO
気絶神倉法
日之本元極HP

お知らせ

昨年四月、御紹介しましたゴルフのジュニアでの有望株。

勝みなみさんは、もうメジャーになってしまいましたが、

もう一人注目していました岡崎錬君。

トヨタジュニアゴルフワールドカップの日本代表選手に選ばれました。

皆さん応援して上げて下さい。

 クリック 

お知らせ

お知らせ


張先生は続けます。

神があたえる運命は過酷でしたが、
それとて今後の元極功法に課せられた役割にくらべたら、
なまぬるいものでしたから、
はやく肉体がなくなる時を念じたのです。


元極功法の進展は、私が肉体を失うことで加速度的に動きがありますから、
そのことをお伝えしておきます。

その後、張先生を導いていらした神よりのお話がありました。

張が、自ら命を絶った、その苦労に比べたら、
今の元極修練者達の苦労など、たいしたことではありません。
あなたも、導きに従っていち早く張家界に来る手筈を整えなさい。
これは重大なる役割です。

(つづく)

お知らせ

張先生からのお話が続きます。

まず西から風が 吹きます。そして、その後、世界に向かって風が吹きます。
それが「こち ふく」風です。
あなたが今、話を受け取っているのは、南部なまりのある
(私が受け取るのは意識を受け取るので、なまり等はわかりません。
ただし、声が聞こえるように受け取れる特異効能者は、
声の抑揚やなまり等も受け取れる者も居ます。)

私の顕在意識であった意識です。


有形の墓と張家界は、私が通った道でもあります。
そこに来てくれたときに、お話をします。
今後の元極功法は、ますます巨大な功力を持つ功法に発展していきます。
ただ、まだその力が発揮されていないだけです。
それらも含めて、張家界で お話をしましょう。

私が元気でおれば、益を求めて集まってくる者達が大勢いました。

そうではなく、私はあまり役立たない、何も出来ない、してやれない。
それを多くの人に示さなければなりませんでした。

すでに、次の者に力は渡しています。
私には力がない。
私の力を渡した者がいることを示さなければなりませんでした。

私は、力を渡したその後は、死を与えられることを急ぎました。

今の中国のこの体勢の中では、この世にいては、何の役にも立ちません。
(現在中国国内で法的に認められている気功の類は、「六字訣」「八段筋」「五禽戲」「易筋経」の四つです。
これらは、気を自ら取り入れるだけの功法で、他人に作用させることが出来る功法は認められていないのです。

肉体が失われて、次世代の手伝いが一刻も早く出来るようにと望みました。

私は、神から この寿命を与えられましたが、自らもその寿命が早く終わるように願いました。
そのために、神の与える偶然ではなく、必然的に生命が閉じられる方法を願ったのです。

(つづく)

お知らせ

張先生は、昨年2011年12月3日に亡くなられたのですが、

1943年12月2日生まれでいらっしゃいましたから、

正に68歳になるのを待つようにしてお亡くなりになりました。

その張先生よりのお呼びの言葉です。



私は すでに 仏となっております。

あなたがたが、張家界に行ったときに

(このお話の後、私は1月の中旬に中国湖南省張家界に行きました。)お目にかかります。

そこにある無形の墓とは、私の湖北省に実際に存在する有形の墓にも繋がります。



私の墓地(かめ注;実在する張先生の墓の場所の敷地を言う)から、

「はか(この『はか』の意味は、日之本元極のさとりの法シリーズを受講するとお判りになります。)」に

多くの者達が通じて、天に昇れるように、あなたがたを迎えたいのです。

その為に、あなたは今後の元極を広める仕事をしていってください。



私は、何もかも仕組みの中で生きてきました。

あなた方も静かに時の仕組みを待ちなさい。

私が歩いてきた道を、続けてあなたが歩きます。

私が開発した功法が、何とも賑やかな功法となって、花咲かせています。



花開いた功法が、こち(東風)吹く力によって、

日本中に花咲かせて、そこから世界中に花咲かせます。



こち ふく 風が吹きます。


(かめ注;「こち」とは、通常東風と書くので、文章としておかしいと思われるでしょうが、

単なる「ひがしかぜ」のみを言うのではないので、わざとこのような表現になっている。)

(つづく)

お知らせ

張先生がご自分で病気を造られたのには理由が二つあります。

1.現在の体制内では、元極功法を普及することが出来ないこと

  元極の掌門人は、神上がることが約束されています。上の次元からは、
  自在にこの三次元物質世界に貢献することが可能です。
  よって制約があり、貢献出来ない世界に留まることより、神上がることを選択されました。

2.自分の病気を、自分で治せないことを見せることで、次世代に力を渡したご自分には、
  もう力がないんだよということをお示しになりました(実際には力があるにも関わらず・・・)。

昨年の夏頃から「中国の墓に行きなさい」と何回も言われていました。
それが年末になって、具体的に湖南省張家界に来なさい。」と呼ばれたのです。
まさか、張先生のだじゃれじゃあるまいし・・・・
(つづく)

写真をクリックすると大きくしてご覧になれます。