未分類

啓蟄の日が来たら、今年の終わりを意味します。

啓蟄の日が来る頃には 世の中が一斉に変化し始めます。

気候も 気象条件も 環境も 考え方も、

すべて世の中の何もかもが変化し始めます。

世の中が、すべての考え方が、天と地をひっくり返すような
変更が起きます。

今から、このことを伝えておきますが、
この内容を考える必要はありません。

この変更が起きることだけを、覚えておいてください。

未分類

1月の末に、婆タヌキが平湯神社に呼ばれました。

怖がらないで聞きなさい。

この度は、ようこそ、この神社来てくださいました。
この平湯神社は、「ひのもと」の 新宮 となります。

今後は、この平湯神社が、「ひのもと」の 新宮神社となります。
本宮が、新宮町にあり 新宮がこの神社となり
さて、奥宮は どこになるかというと

まだ、お伝えすることが出来ません。

本宮と新宮は併せて あなた方を導く神社となります。

本日は来てくださいまして ありがとうございます。
いずれまた、もう少し 暖かくなったときに
この神社に 増田とともに来てくださる時が来ますので、
ご一緒に来てください。

新宮と本宮 この距離間を覚えていてください。
この二舎に 奥宮が加わることになります。

未分類

人格統合調和法は、後々の効果を考えると、なるべく早くしたほうが良いと思います。

特に発達障害のお子さんに関しては、7歳までとそれ以後とは大きく効果が違ってきます。
7歳までしか、かけることのできない方法があるからです。

人格統合調和法の施術は同時に、膨大なエネルギー量を必要とすることから、
3回の気絶神倉法の施術が義務づけられています。
よって、高額な施術料と1ケ月半以上の期間を必要とします。

なおかつ親の了解が必要です。
親の了解が無ければ、その子の将来を諦めざるを得ません。
歯ぎしりをしながら見守るだけの祖父母もいらっしゃいます。

今までこの功法を受講した方は、100名を超えていますが、

功法の効果を1月21日に大きく変更しましたので、

その時点でそれら全ての方々に新しい方法にて、かけ直しています。

ただし、当初お試しで施術した方については、今まで効果が出ていましたが、

かけ直しに伴って、新たなかけ直しをしていませんので、

それまでの効果がキャンセルされます。

新たに施術する必要があります。

未分類

 

小寒練功会の時に生言霊の響きが、

昨年と全然変わっていることに気が付きました。

こんな響で、言霊がきちんと伝わっているのか?

と、不安になるような質的な変化でした。

その後、

1/11  東京講座、奈良へ移動。

1/12 大神神社、狭井神社、久延彦神社、脳天大神、金峯山寺、
1/13 高野山奥の院、金剛峯寺、高山本宮神社
1/14-15 日光東照宮、華厳の滝、二荒山神社、中禅寺湖
1/16-17 東京都八王子市高尾山、高山本宮神社
1/18 高山にて貫頂、移動
1/19 白山比め神社、大瀧神社、岡太神社、高山本宮神社
等を点々と訪れ、お力をお授けいただいたので
1/20 大寒集中練功会
にて、また大きな変化を感じました。
そこで、生言霊はどう変わったかをお聞きしてみました。
体の真底から発生することが出来るようになった。
つまり、体のエネルギーが充実してきたので、
声に体のエネルギーを加えて生言霊の音を届けることが出来る。
それは内蔵の悪い者にとっては、このうえない「宝珠」である。

 

未分類

 

神からの新年のお言葉です。

いつも 誠に良き 仕事をされますこと ありがとうございます。
今日ここに来られて 良き仕事をされますこと
誠に お祝い申し上げます。

ようこそ おいで下さいました。
晴れ晴れとした 新年を迎えまして ますますのご活躍を期待申し上げます。

あなたの側にいる 良く理解できる者たちには、

この新宮神社へ 世界中の神々が集まりまして、本宮となりましたこと、伝えて下さい。

ここが日本の世界中の基地となり、大きな仕事を進めていく場所であることを伝えて下さい。
そして、神を祀る美しい心を持って、祀って欲しいと願っています。

未分類

婆タヌキに年末に降ろされたお言葉です。

増田が帰ってきたら
新宮の本宮に来て祈ってください。
新宮の本宮の意味は、聞いても分かりません。
明日でもよいのか
今日なのか
ときくと、増田が帰ってきたら
と言われます。
この時、私は熊野三山に呼ばれて行っていました。
那智大社、新宮大社、本宮大社の三社です。
熊野三山界隈の神社の神々が全て高山の新宮神社に入るというのです。
このメールをもらって、すぐその意味が私にはわかりました。
高山新宮神社は、本宮神社と名前を変えるのです。
よって本年より新宮修練舎は、本宮修練舎となります。

未分類

年末の休みに入ったら、

すぐ「熊野三山と神倉神社に来て下さい。」

と、お声がかかりました。

そこで、1人でトボトボと指定の場所に行きました。

最後の神倉神社で急で有名な階段を上りかけたところで、

全身激痛に襲われ、両手両足を使って。ようやく座れるところまで登りました。

吐き気がするも、神社内で嘔吐するわけにもいかず

一時間以上脂汗をかきながらも、少しでも動けるまでになるよう耐えていました。

上るときも下るときも苦しそうにしている私を見て、

親切にも「大丈夫ですか?何かお役に立てますでしょうか。」

と、声をかけてくださる方がいました。

「エネルギーの入りすぎで、神様のせいです。」とも言えず

「少し休めば大丈夫です。」

と、お心だけを頂戴いたしました。

長距離の運転が出来そうもなかったので

近くで空いている宿をスマホで探しました。

以後、1月3日まで1週間ほど波のように痛みは強くなったり弱くなったりが続きました。

1月2日から3日にかけて、永平寺にも呼ばれていましたから

痛みに耐えながら、行ってきました。

永平寺自身がオーナーの新しい宿に泊まりました。

部屋は綺麗で精進料理も美味しかったですが、

サービスが最悪でした。

どこの旅館に行っても食事の量は多すぎて、3分の1以下に落としてもらいたいものです。

 

 

 

 

 

未分類

ある修練者から婆タヌキへの電話があった。

「XX市のOO神社に来ている。

この神社はどんな神社か?」

「説明によると 出雲大社にお集まりになった、神様方はこの神社に、最後に集まってから、

それぞれの 元の神社に帰られる所である。

すなわち 重要な役割を持つ神社だと説明を受けた。さて、どうなのか??」

そこで、婆タヌキは、行ったことがないので、私に聞いてきました。

「ああ、そこなら2、3度行ったことがあるよ。」

ところが、全く記憶が有りません。

どこの神社でも行けば、そこの雰囲気だとか、特別に感じたことや、

その場で言われた(神々から)ことなど、最悪でもビジュアル的な記憶があるものです。

ましてや、二度も三度も行っているのであれば、なおさらのことです。

あまりに、さっぱり記憶にないので、

公式ホームページをインターネットで見ても、全く思いだすことができません。

お社や風景など写真を見ても初めて見るようなモノでした。

珍しいことなので、どうして記憶がないのか?神々に聞いてみました。

気がつかないほど 価値が全くない神社ですから、覚えていないのです。

記憶が無いのも  忘れるのも まったく その通りのことです。

この神社は 新しく出来た神社です(ご由緒は古くに創建されたと書いてあります)。

曰く因縁の無い神社です。

ところが最近売り出し中なのです。

風水、マスコット おみくじ 占い などなど

新しく人の気を引くことを 考えて 人気が出ています。

新しい商売を売り物にしているので、ミーハーが多く寄ってきています。

ほくほく顔の 神主が見えます。

まったく あたらない 占いばかりです。

さらに、この神社には 神がおりません。

未分類

リップクリームに、ワセリンのみの物を追加したいと思います。

これまでのリップは製品を安定させるための原料が何点か入っていました。

世の中の流れが 自然でピュアなものが良いという流れがあります。
自然で、身体の中に入っても 安全なものを 好む傾向があります。
これは、肯定するべき事柄ですから その流れの中にあって
それに従うことです。

ピュアなものが良い というのは 日之本元極の組織も同じ事です。
日之本元極の組織も ピュアなものが良い ということです。

世の中の流れと 日之本元極の組織の流れも 同じです。
ですから、ピュアな 日之本元極が販売するもの として
このピュアな リップクリームは 適切だといえます。
フリーな素材を販売することは意味のあることです。

ただし、これを販売するには 注意が必要です。
添加物が無ければ 劣化が激しいのですから、
少量づつ 仕入れをすることです。

未分類

歯みがき剤の消臭効果について
一度つけたものが ずっと口の中に 置かれるだけでは
効果を失います。
口の中についた、成分は すぐに邪気を吸い出して 役割を終えますから
何度も はき出して、付け替える。
少々歯磨き粉がたくさん消費しますが、はき出して 塗り替える。
磨く、歯茎もマッサージして、塗り替える事をします。

新しいモノに何回か塗り替えることです。

子供たちでは、一回 薄くつけて みがけば それでいいのです。
しかし、問題があれば 何度も磨く。何度も付けなおす事が必要です。
人それぞれの病状に よるわけです。

問題が多ければ 多い人ほど、歯茎と 歯とは 別々に考えることです。
たくさん使って、何度も塗り直して、さらに 丁寧に こすりすぎないで、磨くことです。

はぐき を丈夫にすることは、内臓も丈夫にすることにつながります。