まとめ記事, 日之本元極功法

疫病氾濫の時代へ向けて今読んでおくべき9つのお話「最新医学で、免疫力について見逃されているもの」を
増田庸文先生の過去のブログを再掲、まとめました。ぜひご一読ください。

第1回 疫病氾濫の時代へ向けて今読んでおくべき9つのお話「最新医学で、免疫力について見逃されているもの」

世界規模蔓延し続けるコロナウイルスに続き、サル痘ウイルス異常な感染拡大が
クローズアップされ始めいます。日之本元極はそうした未来情報を受け取り、
対応すべく、早くから功法「免疫力活性適正化手当法」を公開しいます。
9回にわたり、そ奥深いお話をお届します。

========
~2013年7月31日増田庸文先生ブログより~
2013年5月に、「免疫力活性適正化手当法」なる功法を公開しました。
既に受講なさった方々はお分かりしょうが、こ功法教科書は気功教科書あるにもかかわらず、非常に物質的に肉体を主体と書いあります。
これは、こ功法をなるべく多く人に行き渡らせるため、「階ム段階最後にポジションをおいたためす。
非常に効果が高い功法有るにもかかわらず、急い多く方々に受講しいただきたいがため苦肉す。
つづきはこちら

 

 

第2回 疫病氾濫時代向け読んおくべき9つのお話 「最新医学、免疫力につい見逃されいるも2」

一般的に人有形肉体と内臓存在は認知されいますが、
無形肉体と内臓存在につい認知度はどれほどしょうか。
なお見逃されいる重要な”人構造”につい図解されいます。

========
~2013年8月5日増田庸文先生ブログより~
既に功法「生気功」や「生光功」教科書公開しいますが、
以下図が、日之本元極が感得しいる「人肉体」す。
実際は無形肉体と、有形肉体が重なっ
相互に影響し合っいますが、
つづきはこちら

 

 

第3回 疫病氾濫時代向け読んおくべき9つのお話 「最新医学、免疫力につい見逃されいるも3」

2013年当時もそれ以降も、
世界中ありとあらゆる医療知識受け取りをされきた
増田庸文先生が思われたこととは、どようなことだったしょうか。
医療真髄に迫るお話に進んいきます。

========
~2013年8月6日増田庸文先生ブログより~

、(1993年頃より)20年ほど間に
世界中いろいろな地域伝統的な医療から最新医療ま
神様から知識をお渡しいただいきました。

つづきはこちら

 

 

 

第4回疫病氾濫時代向け読んおくべき9つのお話「最新医学、免疫力につい見逃されいるも4」

中国最古医学書とされる黄帝内経(こういだいけい)をもとに
”現代医学免疫作用全く無視されいる重要なこと”につい、増田庸文先生がご説明します。
まさに温故知新、根源法則に合致した普遍的役に立つお話す。

========
~2013年8月7日増田庸文先生ブログより~

「黄帝内経(こういだいけい)」「霊枢(れいすう)」に
営気(えいき)、衛気(えき)、宗気(そうき)、神気(しんき)などについ記述があります。
「黄帝内経」を基礎とし
つづきはこちら

 

 

 

第5回 疫病氾濫の時代へ向けて今読んでおくべき9つのお話「最新医学で、免疫力について見逃されているもの5」

増田庸文先生は、ご自身魂や神仏から聞き取りが可能な域に達しおられます。
回より4回にわたり、先生が受け取られた黄帝からお言葉をご紹介します。
どこにも書かれいない、非常に貴重非常に興味深い内容す。

========
~2013年8月14日増田庸文先生ブログより~

黄帝は、むろん神いらっしゃいますから、お呼びしみました。

つづきはこちら

 

 

第6回 疫病氾濫時代向け読んおくべき9つのお話「最新医学、免疫力につい見逃されいるも6」
増田庸文先生と黄帝対話が続きます。
当時、人構造はど程度、解明されいたか、
また、そ時代背景につい教えくださっいます。

=====
~2013年8月15日増田庸文先生ブログより~

黄帝に伺います。
当時、無形肉体と有形肉体が、重なっいるという概念はなかったしょうか?

つづきはこちら

 

 

第7回 疫病氾濫時代向け読んおくべき9つのお話「最新医学、免疫力につい見逃されいるも7」

免疫力が働くに大切な役割をする衛気(えき)には、粘膜や皮膚を守り、ウィルスや花粉、
放射線など外邪が体内に侵入するを防ぐ働きがあります。
それは、衛気を高める仕組みはどようになっいるしょうか。
目には見えない無形存在や働きについ、黄帝がお話しさいます。

========

~2013年8月16日増田庸文先生ブログより~

黄帝が、中焦(ちゅうしょう)形と場所を教えくださいました
『あなた方が、、痛いと言っいる、そ場所が中焦場所
場所を知らせいます。
つづきはこちら

 

 

第8回疫病氾濫時代向け読んでおくべき9つお話「最新医学で、免疫力につい見逃されいるも8」

貴重なお話も残すところ、あと2回となります。
”無形肉体が有形肉体に重なっいる”ことを何度も伝えいらっしゃいます。
健康を考えるうえで、それがいかに重要な役割を果たしたか 証明にもなることではないでしょうか。

========
~2013年8月17日増田庸文先生ブログより~

黄帝にお聞きしみました。
心包絡は営気方を送り出し、中丹田、命門は衛気方を送り出ですか??

つづきはこちら

第9回 疫病氾濫時代向け読んでおくべき9つお話「最新医学で、免疫力につい見逃されいるも9」

2013年段階で「免疫力活性適正化手当法」につい
”こ功法は、後流行るであろう
いろいろな疫病氾濫にも耐えうるような力を備えいます” と断言されいます。
現代はまさに疫病氾濫時代に突入し、残念ながら、後も増えいくことになります。
重要な功法意義が多く人に伝わりますことを願いながら
シリーズ最後お話をお伝えします。

========

~2013年8月18日増田庸文先生ブログより~
前回までに述べきたように、中国では古来より、
有形肉体以外に何か存在するという感覚を持っいたようです。
事実、鍼や灸で現実に効果を上げきました。

つづきはこちら

 

 

元極功法習い始めの頃, 功法と修練, 未分類

 

小学1年生の女の子の修錬の様子です。
懸命に、心から修錬をがんばっている気持ちが後ろ姿に現れています。3ヶ月前に階ムI-a「はじめてカンパイ」を受講し、毎日修錬を続けられています。
修錬をすると、自分が良くなると、ご両親に話されたそうです。今回は「はじめてカンパイ」の次の功法、「功法有無ム」を受講しています。
はじめての動きも一生懸命取り組んでいらっしゃいました。手を見せてもらうと、手の平が真っ赤っか!!
エネルギーがたくさんたくさん入ったんですね。

「功法有無ム」・・無形の身体と有形の身体のつながりを強くする功法

「ひだ」の事

年に数回行っている特別講座の中で、今まで3回ほど高山市一之宮町にある位山(くらいやま)に登りました。位山は霊山として知られ、「すの神」が地球を創られるとき、ここを最初の地とお決めになり創造されたとも聞いています。場を感じられる方には、その素晴らしさが判って戴けるものと企画したものです。

位山には、中腹にあるモンデウス・スキー場の直ぐ横に、「祭壇岩」という平らな舞台のような巨石があります。古代から神を祭るときに使われた祭壇といわれています。また頂上より少し下った所には「天の岩戸」と呼ばれる岩倉が存在します。車で上れる「だな林道」の終点から頂上まで、登山道の両脇には巨石群といわれている大きな岩がごろごろと配置されているかのごとく繋がっています。
地球で最初に出来た位山に、「すの神」を始め、多くの神々が初めて地球という地に降臨されたと伝えられているのです。
その位山から日の出を望むとお考え下さい。当然の事ながら、前は東、後ろは西です。左が北で、右は南になります。この東、西、南、北という方角を指す言葉は、どこから来ているのでしょうか?
前は日(一(ひ))です。そうすると後ろは月(二(つぎ))なのです。まず「一(ひ)向(む)かし」、これが「ひむがし」、「ひんがし」、「ひがし」と変遷したものと考えられます。
後ろに月を背負い、「二(つぎ)」で、「二(に)し」となります。
神々は「日」に向かい、「月」を負い、左に「火」を従え、右に「水」を連れ添います。この時やはり「右」「左」という言葉が発生しました。

「火」は垂直に立ちのぼります。その様を「火(ひ)の垂(た)り」と言い、「ひだり」に変わっていったのです。「水」の水平線は、「水(み)の極(き)り(極とは2点間をピーンと張った状態を示す)」と言って、「みぎり」に変化したものです。

位山から東を望み、「ひだり」は「ひだ」です。「みぎり」なる「水(み)の極(き)り」に当たる地は、「みの」と呼ばれています。
「ひのたり」の方角に「ひた」があり、方向も「ひた」では混同するので、いつしか方角の呼び名は「きた」に変化したようです。よって「ひだ」という地名は、平仮名であって、現在使われている「飛(と)んだり、騨(は)ねたり」の「飛騨」ではないのです。少し前まで使っていた「斐太(ひだ)(文に非ず、言が太い、素晴らしい)」という漢字には、「言霊幸(さき)はう」の意味を持っていることから、響きでこれらのことが実現したことを良く表していると思います。
「水(み)の極(き)り」つまり水面には波が立ちます。「水(み)の極(き)り」から「水(み)の波(なみ)」そして「みなみ」へと変化しました。
この「きた」と「みなみ」の「き」「み」は、陽と陰を表しています。「いざなき」「いざなみ」の最後の「き」「み」のように、男と女、陽と陰を示しているのです。
これが「東・西・南・北」と、「右・左」という言葉の起源です。

「位山」と「ひだ」、
この地は特別な所のようです。
大方の神社で、六月末日と大晦日に奏上される大祓祝詞という祝すが、神道の中では、一番と言って良いほど大切な祝詞として扱われているそうです。その内容が良く判らないまま、そして伝えられる内に多くの間違いも生まれて、伝承され、奏上されてきているようです。その中に、
「・・・如此依(かくよ)さし奉(まつ)りし四方(よも)の国中(くになか)と 大(おお)日本(やまと)日高見(ひだかみ)の国(くに)を
安国(やすくに)と定(さだ)め奉(まつ)りて・・・・」
という件(くだり)があります。これを殆どの国文学者や、神道学者、神主さん達は「大和」の「日高見の国」と解釈しているようです。しかし本当は、
「・・・如此依(かくよ)さし奉(まつ)りし四方(よも)の国中(くになか)と 大(おお)日本(やまと)『ひだ』、『神』の国(かみのくに)を
安国(やすくに)と定(さだ)め奉(まつ)りて・・・・」
と読ませるのが正解なのです。元の祝詞が平仮名であるもの(響きを平仮名に移した)を、無理矢理漢字を当てたが為の間違いと言えます。
旧飛騨にあたる高山市、飛騨市等の地域には、異常なほどに神社が存在し、現在404社(飛騨神職会発行「飛騨の神社」より)も残っています。これでも昔に比べ、合祀(ごうし)した神社がかなりあり、減っていてこの数です。
私は以前、関東のある市に住んでいましたが、市内にある神社は10社に満たない数だったと思います。
「ひだ」の土地が、如何に神々と繋がりの深い土地かということが、良く判る数字ではないかと思います。暖かくなってから今年の特別講座には、気の場の良い飛騨の神社数社を巡ったり、特に選定した「場の良い所」に皆さんをお連れする企画をしてみたいと思っております。乞う、ご期待!!

未分類

2022年1月4日午前十時に、私は突然の病に倒れました。
病名は「大動脈解離」による心タンポナーゼ。ショック状態となり高山赤十字病院から岐阜大学病院まで救急車で移送後、緊急手術(胸部大動脈の人工血管置換術)を受けて一命を取り留めました。
救急を担当してくださった医師からは「お亡くなりになる可能性が高いです。」と何度も繰り返して説明があったそうですし、緊急手術をご担当くださった医師も「いつ死んでもおかしくないのに、この方は幸運にも生きている」と話されたそうです。幸いにも私は、意識を失っていましたので、この緊急性や切迫した状況は全く覚えてはいません。
緊急手術後の私の経過はすこぶる順調のようで、1ヶ月の入院期間の予定を2週間繰り上げて退院させていただけました。とはいえ、緊急処置や手術のために、麻酔の時間が長かったこともあり「脳梗塞の発生」や「せん妄状態」からなかなか抜け出せずにおりました。最近になって、ようやく仕事を再開する気力と体力が戻ってきた次第です。
健康が自慢で、気のエネルギーが満ち満ちていて、医療に罹ったことがない。これが私の自慢でしたが、今ではどっぷりと最新の医療のお世話になっております。もともと、私の家族は総じて高血圧でしたし、母親も胸部の大動脈の破裂が原因で死亡したようです。200/100程度の血圧値を常々承知していたのですが、何の不自由も無く活動してきたので、気にもかけずに生活をしてきたのです。
先日の雨水特別講座の折に参加した受講生が「先生の横に神様がおられて、支えておられますよ」と伝えてくれました。それを傍で聞いていたババタヌキが「あれほどフラフラしていて、バランスが悪いのに、決して転ばないし倒れないのは、神様の支えがあったからなんですね。」と深く納得していました。
その時に、スクナヒコナの神から「人の寿命」について、お話しが降ろされましたので、皆さんにもご紹介します。
*********
 人の寿命というのは、その人の努力によって長らえて生き抜くことが出来るように設定されています。特に貴男は、人の世のために生きて働く宿命が与えられています。貴男の師である張志祥は、肉体の命は極めて短かったのですが、早々に神上がって無形の空間からあなた方を導く仕事を与えられました。
 貴男の場合はこの世の中で肉体を得て、与えられた肉体を養生しつつ生きて働く事が許されています。さらに、張志祥をはじめとする元極功法の掌門人の神々にも守られています。貴男は、これらの神々の守護を受けて生きるからには、この支えに対して恥じないような賢明な生き方をしなければ成りません。与えられた肉体と生命を精一杯輝かせて活躍することを願っています。
 今年に入ってから、貴男の支えとなっている神々をはじめ、周囲のさまざまな「情」に対しても応えていくような気高き生き方を切望します。
*******
「人の寿命は努力によって長らえることが出来る」この言葉を肝に銘じて、今後の生活を改め、食事にも気を配り、心身の安定に心がけて賢明に生きることを誓います。私を根底から支えてくれた元極功法の修練は、今後の希望の光であり誇りです。

 

お知らせ

「戻戻止痛」の効果を修練者の方からお知らせいただきました。
録音教材は大きな音でかけるとより効力が届くようです。

—-
「戻戻止痛」を大きな音で修練するようにしました。
すると顔色が良くなったと
周りの人たちから言われるようになりました。
私の部屋の真上で寝ている孫娘にも効力が届き、
顔にできてたニキビがなくなって、
白く輝く美肌になっていました。
3日間留守にしていると、
再び孫娘のお肌にプツプツができはじめていました。
これは大変!と「戻戻止痛」の音量を大きくして、再生し始めました。
翌朝、孫娘の肌は、ピカピカ美肌に戻っていました。
「戻戻止痛」は私のみならず、
まだ若い孫娘の細胞まで正常化し、
若返っているんだなと思いました。
本当にいつもありがとうございます。

日之本元極気功グッズ

2021年9月30日より「六神秘功ム」の録音教材をバージョンアップしました。
ぜひ新しい録音教材をお試しください。

「六神秘功ム」3,300円(税込)※CD、microSDよりお選びください
https://hinomoto-shop.com/items/5bc7443b5f786621e10009ea

ーーーーー
修練舎の皆さんが、新しくバージョンアップした録音教材「六神秘功手当法ム」を
使って修練した時の体感を届けてくださいましたので、皆さんにお知らせします。
録音教材を新しく変えるだけで、日々の修練効果が大きく変化します。
バージョンアップした、録音教材を使って

大いなる変化を実感しつつ、毎日の修練を実践されますことお勧めします。

・これまでよりも手当てする臓器がひんやりしたので
邪気が排出されたのだと思います。
身体の中心部分もひんやりと感じました。

・六神秘功ムが始まって訣をとなえる時、
目を閉じているのに 目の周りにもくもくとしていた
雲が消えていく感じがしました。明るくなって、晴れていく様を感じました。

・六神秘功ムの後の免活手当法の修練では、
下黄庭が温かくなり、体全体が温まってきました。
気の流れが良くなった感じもしました。
また「免活手当法」が始まると同時に咳がしばらく続きました。調子の悪い肺に届いたのだと思います。

・録音教材の音が鳴りだすと、頭部にエネルギーが入りザワザワとした。
手をこすりはじめるころには、体中に熱さを感じ、汗ばむような体感があった。
その後も体の熱さは続き、体中にエネルギーが充満した状態で終了した。
舌を動かすところでは唾液が多く出た。

・始まると同時に三門が大きく開きました。。
手当する労宮が熱く体内がいつまでも暖かい・
増田先生の唱える十二字真言のひびきがすごくて、身体中に響き渡りました。

・収功の時に重たいモノがおりてくる感じがした。
あくびが何回も出ました。手があったかくなりました。

・増田先生がはじめに「訣」を唱えられると
私の胃がグググっとなり、エネルギーを感じました。
頭から温かい光がずっと当たっていました。
終わったら身体が、服が、じっとりと汗が出たようになりました。
手も赤くなりました。

・準備段階では指先がピリピリとしました。
動作中はずっと頭頂辺りが重く、エネルギーの強さを感じました。
湧泉の排出能力が強まった気がしました。

ご挨拶

あけましておめでとうございます。

ことしは2月頃に たいそうなことがおきるそうですから
物質的にも心の準備もしっかりしておく必要があるようです。
ご一緒に十分修練を積んで
何事にも動じないよう用意をご準備願います。
2022.01.03
マスダヨウブン

ご報告

雲一つない晴天に恵まれた本日。敏感な修練者の方々より複数のお問い合わせをいただきました。

「エネルギーが、たくさん入った時と同じような好転反応が出ています。何か?大きな変化があったのですか?」
どの方も、仕事はきちんと出来るのに、なんだかいつもとは、違う感じだとおっしゃいます。
実は、本日
増田は、九州の高千穂の峰に行き、十拳の剣の力を授かる予定です。
一気に、大量のエネルギーが入って、体調の違和感を感じおられる皆さんに、修練についてお知らせします。
「はじめてカンパイ」あるいは「収式調和」「めぐりみめぐりき」などを繰り返し修練することによって、ある程度緩和されますので、修練をしつつ経過を見てください。
いずれにしましても、信じて修練しておられるかたがたへのプレゼントですから、享受いただけますこと望んでおります。
マスダ ヨウブン

修練の心得

二つ目が、三時間の静功について、ということです。

今日、皆さんは三時間の静功を経験したわけですけれども、どうでしたか?やればやっただけ、という感じがしましたでしょうか。

これは、僕の個人的な感覚ですが、今から三十年くらい前から元極功法を始めまして、長い時間、静功をすればするほど、入ってくるエネルギーの量も多い、ということは分かっていましたけれども、自分の体感として、約二時間のところ、あたりで大きく変わるな、っていう感覚がありました。

だから、できれば静功は二時間以上をやりたいな、といつも思ってやっていましたが、お仕事をお持ちの方は、そう自分の思いどおりに時間を取れないので、なかなか難しいでしょうけど、一日の中でもエネルギーの高い時と低い時があるので、その高い時に合わせて、なるべく静功の時間を長く取る、ということをずーっとやり続けてきました。

できれば、皆さんもそういう風にされれば、同じ時間、修錬したとしても、効果がだいぶ、長い期間の中では違ってくると思います。

一日の中では、朝の6時の前後一時間ぐらいずつ、お昼の12時の前後一時間、夕方の6時の前後一時間、日にちの変わる、夜の12時を超える前後一時間、つまり1日4回、大きくエネルギーが入ってくる時があるので、その時間になるべく静功の時間を合わせる、その他でできる時はなるべく動功、あるいは按摩法をやっていただければと思います。

取り入れるばかりで、自分の中を巡らせないと、やっぱり効果は出ませんので、なるべくそれをバランスよくやるのが速く上達するコツだと思います。

修練の心得, 元極功法

一つ目が、二十四節気の静功について、ということです。

皆さんは、毎日修錬なさっている方ばっかりなので、このことについては体感としてお分かりになっているかと思いますが、それの詳しい回答は、階フタ・階ミの理論編の教科書に回答が書いてありますから、そこをしっかりと読んでおいてください。

簡単に言えばですね、二十四節気っていうのは、その担当の神様が「はい、タッチ!」といって交代する、その時が二十四節気なので、その「タッチ!」の短い時間に、二神のエネルギーがそこのところで重なるので、急激にエネルギーがボーン!と高くなる、ということです。

それを、修錬をしている人、あるいは敏感な方は、それを感じて「なんか今日は、すごくエネルギーが入ってくるな」という感じがするように思うだけです。 まぁ、実際に入ってきているわけですけれども。

日々、身体に入ってくるエネルギーというのは少しずつ変わってきているので、そのエネルギーの入る時をなるべく逃さないようにして、その時にエネルギーが入るような修錬をキチッとやっていただくと、肉体にも精神的にもいい影響が現れる、ということになります。