ご報告

雲一つない晴天に恵まれた本日。敏感な修練者の方々より複数のお問い合わせをいただきました。

「エネルギーが、たくさん入った時と同じような好転反応が出ています。何か?大きな変化があったのですか?」
どの方も、仕事はきちんと出来るのに、なんだかいつもとは、違う感じだとおっしゃいます。
実は、本日
増田は、九州の高千穂の峰に行き、十拳の剣の力を授かる予定です。
一気に、大量のエネルギーが入って、体調の違和感を感じおられる皆さんに、修練についてお知らせします。
「はじめてカンパイ」あるいは「収式調和」「めぐりみめぐりき」などを繰り返し修練することによって、ある程度緩和されますので、修練をしつつ経過を見てください。
いずれにしましても、信じて修練しておられるかたがたへのプレゼントですから、享受いただけますこと望んでおります。
マスダ ヨウブン

修練の心得

二つ目が、三時間の静功について、ということです。

今日、皆さんは三時間の静功を経験したわけですけれども、どうでしたか?やればやっただけ、という感じがしましたでしょうか。

これは、僕の個人的な感覚ですが、今から三十年くらい前から元極功法を始めまして、長い時間、静功をすればするほど、入ってくるエネルギーの量も多い、ということは分かっていましたけれども、自分の体感として、約二時間のところ、あたりで大きく変わるな、っていう感覚がありました。

だから、できれば静功は二時間以上をやりたいな、といつも思ってやっていましたが、お仕事をお持ちの方は、そう自分の思いどおりに時間を取れないので、なかなか難しいでしょうけど、一日の中でもエネルギーの高い時と低い時があるので、その高い時に合わせて、なるべく静功の時間を長く取る、ということをずーっとやり続けてきました。

できれば、皆さんもそういう風にされれば、同じ時間、修錬したとしても、効果がだいぶ、長い期間の中では違ってくると思います。

一日の中では、朝の6時の前後一時間ぐらいずつ、お昼の12時の前後一時間、夕方の6時の前後一時間、日にちの変わる、夜の12時を超える前後一時間、つまり1日4回、大きくエネルギーが入ってくる時があるので、その時間になるべく静功の時間を合わせる、その他でできる時はなるべく動功、あるいは按摩法をやっていただければと思います。

取り入れるばかりで、自分の中を巡らせないと、やっぱり効果は出ませんので、なるべくそれをバランスよくやるのが速く上達するコツだと思います。

修練の心得, 元極功法

一つ目が、二十四節気の静功について、ということです。

皆さんは、毎日修錬なさっている方ばっかりなので、このことについては体感としてお分かりになっているかと思いますが、それの詳しい回答は、階フタ・階ミの理論編の教科書に回答が書いてありますから、そこをしっかりと読んでおいてください。

簡単に言えばですね、二十四節気っていうのは、その担当の神様が「はい、タッチ!」といって交代する、その時が二十四節気なので、その「タッチ!」の短い時間に、二神のエネルギーがそこのところで重なるので、急激にエネルギーがボーン!と高くなる、ということです。

それを、修錬をしている人、あるいは敏感な方は、それを感じて「なんか今日は、すごくエネルギーが入ってくるな」という感じがするように思うだけです。 まぁ、実際に入ってきているわけですけれども。

日々、身体に入ってくるエネルギーというのは少しずつ変わってきているので、そのエネルギーの入る時をなるべく逃さないようにして、その時にエネルギーが入るような修錬をキチッとやっていただくと、肉体にも精神的にもいい影響が現れる、ということになります。

日之本元極気功グッズ

2021年9月30日より「六神秘功ム」の録音教材をバージョンアップしました。
ぜひ新しい録音教材をお試しください。

「六神秘功ム」3,300円(税込)※CD、microSDよりお選びください
https://hinomoto-shop.com/items/5bc7443b5f786621e10009ea

ーーー
下記、「六神秘功ム」の感想です。
修練舎の部屋が大きくなったこともあり(特に天井が高くなった)

広々とした空間に気持ちが明るくなった。

六神秘功ム何もわかりません。
これまでよりも手当てする臓器がひんやりしたので
邪気が排出されてのだと思います。
身体の中心部分もひんやりと感じました。
六神秘功ムが始まって訣をとなえる時、
目を閉じているのに目周りがもくもくと雲が引いていく
感じ(明るくなる)がしました。
六神秘功ムのあとの免活手当法の修練では、
下黄庭が温かくなり、体全体が温まってきました。
気の流れが良くなった感じもしました。
又、「免活手当法」が始まると同時に咳がしばらく続きました。
録音教材の音が鳴りだすと、頭部にエネルギーが入り、
ザワザワとした。手をこすりはじめるころには体中に熱さを感じ、
汗ばむような体感があった。
その後も体の熱さは続き、体中にエネルギーが充満した状態で終了した。
舌を動かすところでは唾液が多く出た。
始まると同時に三門が開く。
手当の労宮が熱く体内がいつまでも暖かい・
十二字真言のひびきがすごい。
舌先が辛く、つばの出が多くなりました。
エネルギーの量が多く入りました。
あまり感じるモノはなかったのですが、
収功の時に重たいモノがおりてくる感じがした。
あくびが出ました。手があったかくなった。
先生がはじめに「訣」を唱えられると
私の胃がグググっとなり、エネルギーを感じました。
頭から温かい光がずっと当たっていました。
終わったら身体が、服が、じっとりと汗が出たようになりました。
手も赤くなりました。
準備段階では指先がピリピリとした。
動作中はずっと頭頂辺りが重く、エネルギーの強さを感じた。
湧泉の排出能力が強まった気がした。

お知らせ

6月17日(木)に公開された以下の動画について、概要を紹介いたします。
詳細については、動画(8分49秒)をぜひご覧ください。


【概要】

宇津江四十八滝に登ると、その人の普段の修錬状況とか、心の中を見て、その状況次第でそこへ行った時のエネルギーの出入りの段階がポンと上がることもあるので、その前からしっかり皆さん、修錬していってください。

中国の蓮花山には、地上11階・地下3階建ての塔(元明塔:げんめいとう)があります。
塔の真ん中に空洞の中心が通っている、物理的には中空なんだけど天地がつながっている、そういう塔で、行ったときはしょっちゅう、そこで修錬をしていました。

ほとんどの人は、塔の真ん中で通っている空洞の部分に向かって修錬をしているんだけど、僕は「それ、ちょっと違うんじゃないかな」って思ったので、何万人かの中でたった一人、背を向けて、外側に向いて修錬をしていました。

そこが、2階、3階、4階…と上がっていくにしたがって、修錬段階が自分に示される塔だ、という風に言われたので、みんな競ってそこへ修錬しに行って、座るところもないくらい、大変だったわけです。

塔の上に上がっていこうとするんだけど、階段を上がらないんですね、足が。
上の方に行けば行くほど。

あきらめて帰ってくる方も結構、いらっしゃいました。

僕は1998年ぐらいだったか、元明塔を上がって修錬をしていたら、係の人が来て「(時間が来たので)もう閉めますから、帰ってください」って言われたので、慌てて収功をして、階段をグルグルと回りながら降りていきました。

ところどころ、窓があるのでそこから外が見えるんですけど、その景色を見ていたら、蓮が開いたような建物があって、その上に夕日がちょうど真ん中にあるような景色が見えて、「そうか、この塔の一番上まで行ったら、ああやって修錬すればいいんだ」ってその時は思って、降りていきました。

それ以来、静功の修錬をする時は、その塔の一番上に自分がいるというのを想定して、静功をするようになりました。

その、降りてくださいって言われた時は11階、一番上の階にいました。

そこからはもう上に上がれないわけで、そう思ったら、次に修錬する時は、塔の屋根の上にいることを思い浮かべて修錬するようになりました。

それを誰にも話さないで修錬を続けていましたが、一人、それが見えた人がいて、その塔を見て「増田先生が屋根の上で修錬をしている」って言われてですね、「あれ?なんでこの人は見えるんだ、そんなことが…」ということがありました。

皆さんもぜひ、四十八滝の一番上にいると思って、修錬するようにしてください。


7/22-24大暑特別講座について

7月の大暑特別講座では宇津江四十八滝ハイキングを行います。
この記事をご覧になって興味を持たれた方は、ぜひお申込みください。

お知らせ

5月21日(金)に公開された以下の動画について、概要を紹介いたします。
詳細については、動画(2分53秒)をぜひご覧ください。

【概要】
昨日(5月16日)まで、神様から呼ばれて新宿と横浜に行ってきました。

新宿では、歌舞伎町に泊まれと言われたので宿泊しました。

場の状態はずっとよく、前に改善した時(2月13日に公開されたこちらの動画をご覧ください)からそんなに落ちていませんでした。
ただ、道なんかにはゴミが捨てられていたりして汚れていました。

その後、横浜に移ってみると、そちらの場は非常に悪かったです。

なぜ横浜に行けと言われたのかと類推すると、多分、これから横浜の場が相当悪くなっていくからなのだと思います。
というより、すでに悪くなっていて、渋谷と同じぐらい悪い状態になっていました。

とは言え、今後、どういう風に推移していくかは分かりません。

誰かに、これらの地でたくさん修錬をして、その場をよくして回ってきてほしいと思います。


◇日之本元極とは

日之本元極とは

お知らせ

5月12日に、細川講師が自身のブログで「無形ワクチン・HINOMOTO」についての記事を公開しました。
その記事の内容について、細川講師本人から説明してもらいました。

その説明の動画と、概要を書き起こしたものを掲載します。


【細川講師から】

現在、無形ワクチン・HINOMOTOは320名の方が受功済みです。
その中に、PCR検査の結果が陽性であったが無症状である、という方が2名出ました。

これまでは、無形ワクチン・HINOMOTOを受功していればPCR検査の結果は陰性になると思い込んでいました。
これらの事例によって、症状は出ないがPCR検査の結果が陽性になる人たちがいる、ということが初めて分かりました。

このように事例を公開すること、あるいは実際に起きた出来事について皆さまからご紹介いただくことで、無形ワクチン・HINOMOTOを今よりももっとよいものにバージョンアップしていければと思っています。

<無形ワクチンの変遷>
2020年1月
「無形ワクチン・コロナイン」という名前で公開
2021年1月22日
「無形ワクチン・HINOMOTO」に改名するとともに、バージョンアップ
2021年5月4日
PCR検査で陽性になった方(1名)が現れたことを受けて、さらにバージョンアップ

この5月4日に、無形の肉体と有形の肉体がつながっていない人(まだ修錬者でない人)の場合、無形の肉体に行った施術が作用していて無症状ではあるものの、PCR検査の結果が陽性になってしまうケースがある、ということが初めて分かりました。

その時、増田先生が、

無形ワクチン・HINOMOTOを施術する際には、どんな人であっても、無形の肉体と有形の肉体を無理やりにでもつないで、無形の肉体に打ったワクチンが有形の肉体にも必ず作用し、かつ可能な限りPCR検査の結果が陰性になるようにする

との意念を込めて、すでに施術済みの方全員にワクチンの再施術をされました。

その後、ある修錬者の弟さんで40度の熱が出た方がいらっしゃったそうで、そのような事象が副反応として生じる方も、中にはいらっしゃるようです。

これからも、無形ワクチンの施術を受けた方、一人一人で、いろんな事例が発見されることがあると思うので、その都度、教えていただければと思っています。

今回、PCR検査の結果が陽性になったのは、高校生の方と、20代の方でした。
もう一例、感染して軽い症状が出ているんだけど、PCR検査の結果は陰性だった、という事例が過去にありました。

これら全部で3つの事例をブログで公開しました。

今後も、日之本元極から皆さんに情報発信をしていこうと思っています。

こうやって、どんどんとよいワクチンに仕上がっていくのを楽しみにしていますので、また情報があれば教えていただければと思います。


◇無形ワクチン・HINOMOTOについて

無形ワクチン・HINOMOTO

◇日之本元極とは

日之本元極とは

お知らせ

5月6日(木)に公開された以下の動画について、概要を紹介いたします。
詳細については、動画(6分11秒)をぜひご覧ください。


【概要】
昨日(5月4日)の夜中に、すでに無形ワクチン・HINOMOTOをご家族で施術済みの方から、一名がPCR検査の結果が陽性であった、とのご連絡がありました。

それは今まで三百数十名の方に施術している中で初めてのことだったため、すぐにこのことについて、施術を担当なさっている神様にお尋ねしました。

神様からのお話は以下のとおりでした。

  • 無形の肉体と有形の肉体の間をよく連絡をつけて(普通の人はほとんど連絡がついていません)、無形の肉体に施術をしたら、それがきちんと有形の肉体の方に行きわたるようにしています。
  • しかし、そういうところに全然意識が行ってない人、あるいは修錬を何もしていない人については、ちゃんと連絡通路ができあがっていないため、すべてが同期して進んでいくわけではありません。

それでは困りますとお伝えしたところ、「では、それを同期して、100%に近づけられるような方式に変えましょう」というお言葉があり、しばらく待ったのちに「完成しました」とのご連絡がありました。

その新しい無形ワクチンを、今までに施術済みの方全員に再施術しました。

また、これまで新宿区の人々に施術をしても、なぜ如実に効果が表れてこなかったのか、ということを考えてみて、このことが原因だったと分かりました。
今後は、無形ワクチン・HINOMOTOを受けた方全員に対して、症状は出ない、PCR検査でも陽性にならない、というようなことが、きちんと実行されていくようになると思います。

それに加えて、皆さんもキチッと修錬をするようにしてください。

以前にも、無形ワクチンを施術済みの修錬者のAさんに、新型コロナウィルス感染時の症状のようなものが現れたことがありました。
Aさんのケースは今回とは異なっていて、PCR検査の結果は陰性であったにもかかわらず、症状が少し出ている、という特殊な事例でした。

今後は症状も出ないようになると思います。

このような出来事があったことを、皆さんにご報告しておきます。

お知らせ

2021年5月1日(土)から、新たにカタカナ功訣で収録されバージョンアップした、階ム「免活手当法(めんかつてあてほう)」の録音教材を販売中です。
◇階ム「免活手当法」11,000円(税込)

この録音教材を使って修錬をなさった皆さんから、寄せられた感想を紹介いたします。


・腑に落ちた感じを受けた。
・十二字真言の響きがゆっくり且鮮明になったことで下丹田にエネルギーが貯えられたと思う。

・大きく太いエネルギーがどくどく注ぎこんでくる感じがしました。

・開始した最初は上半身に寒気がありましたが途中治まりました。
・左ひざの今までにない位置に痛みが生じました。

・昨日2回先行体験させていただきました。
・昼食後から夕方までずっとお腹、背中からすーっとした感覚が続き驚きました。
・きっと邪気が排出され続けていたのでしょう。
・こんなに長時間にわたり体感が続くことにバージョンアップの効果のすごさを感じました。

・始めの十二字真言のパワーがすごく労宮がパカッと開きました(この体感は初めてです。)
・先週金曜日には間脳あたりが痛い?違和感が1日続き不思議に感じました。
・自分の弱いところ、胃にきました。

・手足の四肢にエネルギーが集まるのをすごく感じました。特に手の労宮部分。ぽかぽかと温かいエネルギーが常に感じられました。他の功法をしている時には、こんなに強く感じることはありませんでした。
・そして、内臓にエネルギーがスムーズに流れている感覚がありました。
・もともと聞くだけでも効果のあるようなのですが、この改良された「免活」録音教材は本当に価値が高いものだと思いました。

・4/14の朝、目が覚めると頭に汗をびっしょりかいていた。
・首の付け根左右に邪気がたまっていたが、すっきりしている。
・4/17錬功会ではじめて免活をして間脳あたりをイメージするのにいつも場所が、だいたいこのあたりと思っていたが、はっきりと場所がわかった。
・労宮、湧泉が大きくあき、びりびりと痛い。
・終わった後も湧泉が痒い。

・眠い。
・三門をひらくと強烈にエネルギーが入ってきた。
・頭によく入ってきた。
・1回目は特にあつい。
・2回目もあついけど治まる。

・全身にやわらかい感じがした。体が熱くなった。
・2回目は眠たかった。

・念訣がずっしり重く感じた。
・横隔膜に熱く入るのがわかった。

・十二字真言のパワーが強烈。
・三門毛孔竅穴とくに労宮がパカッと開きました。

・教材がはじまったとたん、体が寒くなってきた。
・以前の階ムの教材とエネルギーの入り方がちがう。
・前はかなりはっきりとズドーンと入ってくる感じ。
 ・今は細かくでも深くまで染み込んでくる。
 ・ものずごく眠い。
 ・あちこちがかゆい。
 ・手をあてたところ以外へもエネルギーが連携して入っていくのが良くわかる。免疫系統を広くカバーして作用しているように感じた。

・こめかみ~上まぶたまでの痛みあり。
・寒くて足が冷たい、トイレの回数増えた。

・始まると同時に体内があたたかく、手をこするとうっすらと汗が!!
・その手を目に当てると青い光が!!
・当てる手はいつまでもあたたかかったです。

・録音が再生されると頭が締め付けられる感じが強くしました。
・しばらく続きました。
・手当していると暖かみが奥まで届いている感じがあり、修練後も中心に熱を感じつづけました。

・とにかくねむくて、目を閉じているとウツラウツラしてしまいます。
・頭部にはボーっとするような違和感があり、終了後も頭がボーっとしています。
・4日前から股関節がだるく、歩くたびにビリビリと痛みが走っていました(歩けないことはありません)

・最初、顔の湿疹がかゆかったり、痛かったり少しの間ありました。
・その後は普通通りかな?と思いましたが、立ち上がる時、いつもよたよたと立ち上がるのですが、けっこうスッと立ててました。
・終わり頃、頭が重くなり眠気がどっと襲ってきました。

・眠りながら両手を肩に手を当てコックリコックリしていました。
・前に転んで右肩をぶった所に痛みが出てきました。
・今まで1日に2回免活手当法を修練していたのですが、今日からは1日1回で良いのではと思いました。

・体が前よりもあたたかくなった。

・はじめて録音教材を聴いた時、眠くて眠くてしょうがなくなった。
・修練すると背中から熱く少し汗ばむような感じになりました。

お知らせ

2021年5月1日(土)から、新たにカタカナ功訣で収録されバージョンアップした、階ム「六神秘功ム(ろくしんひこう ム)」の録音教材を販売中です。
◇階ム「六神秘功ム」3,300円(税込)

さっそく、この録音教材を使って修錬をなさった修錬者の皆さんから多くの感想が寄せられています。


・手を当てて念訣するとそこが温かく、むしろ熱くなってくるように感じました(今までよりも強く感じられた気がします)。
・また、その時唾液がじんわりと染み出してくるのも分かりました。

・12字真言はゆったりと全身にゆきわたり、おだやかな感じで手当できました。

・かろやかな印象。修錬後は中脈があたたかい。

・12字真言がゆったりとひびき聴いていたいと思った。
・唾液がたっぷりと出た。
・肝臓など、少し痛かった。
・手当をし、六神をイメージするときに朱雀の赤い光、青龍の青い光など、イメージしやすかった。

・エネルギーの量の変化などはよくわかりませんでしたが、ひとつ驚いたのは、六神それぞれが大きく現れたことです。ひとつひとつが鮮明に、いつもの倍ほどの大きさだったのにびっくりしました。


◇手当法「六神秘功ム」
階ム敲門講座Ⅳを受講いただくと、ご自身で修錬できるようになります。
 ・身体の各部(臓腑)に手を当てたり、左右の手の先を触れたりする功法です。
 ・臓腑と左右の指先、手のひら(労宮)の相互が作用し合います。
 ・臓腑にエネルギーを供給したり、調和を取ることにより、健康を回復したり、維持するための功法です。