日之本元極功法


舌痛症の者と、精神的に余裕のない者、

二人の違いは、物質的な脳の内部の作用で言えば、

レセプターの受けとる能力が弱いか、強いかの違いです。

つまり、後者は、常に受容する力が弱い。

だから、ストレスがすこしでもかかると、

いっぱいいっぱいになってしまう。

前者の場合には、

関心事を受け取ったときの増幅作用がとても大きい。

だから、実際には舌の痛みはそれほどではないにもかかわらず、

脳の感受性としては、舌の痛みは尋常ではないと、

増幅して感じてしまうのだと思います。


神様へ伺います
精神的なトラブル、関心事に集中してしまいやすいタイプの人に、

関心事に使っているフィルターを通して、

脳は事の重大性を理解するのですが、

その時に、あまり関心のなき出来事、

無関心の出来事のフィルターを通じて、

脳に戻すことができれば、極めて強い関心事であっても、

火消しされて無関心のように沈静されて脳に伝わります。

そうすることで、脳の中の炎上を消火して

沈静させることができるのではありませんか?

つまり脳の中で情報として伝える時に、

関心事のフィルターを通さずに、無関心の

フィルターを通して情報を脳に返すことで、

関心事は鎮火させることができるのではありませんか?

それは間違いではありませんが、

構造上たいへん難しいことです。
フィルターを交換して、

回路を切り替えるということですから、

分泌される伝達物質が違ってくることになります。

ですから、きわめて難しいことです。
有形の体にとっては、物質を仲介しているのですから、

きわめて簡単なようで難しいことです。

しかし、できないことはありません。

無形の肉体上では、

フィルターを交換するという行為ですから、

やり取りはできます。

それが有形の肉体上で伝達物質が変化することになると、

うまく進行できるのです。
無形の肉体上では、できないことではありません。
有形の肉体上にも影響できるかどうかは、

無形のエネルギーが十分にある状態であれば、

可能だとおもいます。
やってみることだと思います。

このようなご返事をいただいたので、

実施すべく色々考えてみましたが、

実質的には、変換回路のフィルターを変更するのではなく、

フィードバックする情報量を適正な大きさにして戻してやると、

より容易に、こうした問題は解決できるのではないかと思い、

この方法に改めることにしました。

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

神社・仏閣

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

日之本元極功法


どうして、欝病等と舌痛症とは、同じなのか??

その質問への回答は、とても簡単です。

その人の脳の構造の違い、

それを基本的な性格の違いと表現することもできます。

関心事に集中するときに、

その事を脳内で何度もフィードバックします。

その時に発火

(このように表現することが、いちばんぴったりすると思います)

する。

あるレベル以上になると、脳の中で意識が炎上するのです。

その現象が起きているときに、

さらに関心事を考えると、さらに炎上する。

さらにフィードバックすることで、

ますます炎上が激化する。

これが起きやすい人と、起きにくい人がいるのです。

脳の容量は定められています。

それ以上想念が大きくなると、情報の処理ができないので、

一つが炎上すれば、

他の関心事の情報は小さくしてしまう装置が働きます。

脳の構造上、持たないのです。

爆発してしまうのを避けるために

総量を同じにするために、他の事象については、

抑えてしまう、抑制する力が働きます。

ですから、ひとつが爆発して量が多くなってしまうと、

その他の事象の想念は沈静させて、

抑制するという脳の防衛上の機能なのです。

脳を守るために、防衛上の機能が働くのです。

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

神社・仏閣

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

日之本元極功法


もう一件は、永く舌痛症に苦しんでいる人です。

基本的な脳の構造として、

舌痛症の修練者への考え方は参考になると思います。

発症のメカニズムは同じです。

ただし、性格的な特徴は、まったく違います。

この病、すなわち舌痛症に陥る者たちは、

集中する力が強いうえに、

きっかけが歯の異常であることが多いのです。

これは、脳を刺激し易い口の中が発端ということになります。

自信にあふれた性格の特徴があり、

この舌の痛みさえなくなれば、

私は何でもできると、自信に満ちています。

しかし、とんでもなく死にそうなほど舌が痛いので、

何もできないと思っているのです。

そして鬱病については、思い悩む、不安、

自信喪失する等ことがきっかけになります。

自信を失い、

自分の存在が消えていくような感覚があります。

集中して思い悩む、思慮深い、自分が悪いと思いやすい、

相手や周囲に気を遣う人が多いことなどが、

性格の特徴です。

どちらも医学的には、

抗うつ剤が効果的であると言われています。

精神的な病理としては、全く違う病気として分類されていますが、

抗うつ剤が効果的であることは、

同じ傾向であることを示しています。

性格特徴は違うけれども、発症の病理は同じなのです。

この六月、以前修練をしていた舌痛症の者が、

久しぶりに自宅で修練ができて、

体調がよくなったので、私どもに電話をかけてきました。

しかし、次の日にすぐに入院になってしまったのです。

これはどういうことでしょうか?

これがこの手の人々の性格的特徴です。

私はこの舌の痛みさえなければ、何でもできる。

早く治したい。

舌さえ痛くなくなれば良いのに、

早く治したいと願ったのです。

日之本のスタッフと話をして、

気持ちが強化されたのです。

しかもスタッフとの会話によってエネルギーを得て、

なお思いが強くなったのです。

「私は、この舌の痛みが消えれば、高山に行ける。」

「私は、この舌の痛みさえ消えれば何でもできる。」

「高山に早く行って治したい。」

そういう常に持っていた強い意識が、

強化されたのです。

電話する前日、修練ができた時に、

やっぱり元極功法の修練をすると元気になれるし、

治るかもしれないという気持ちが高揚して、

日之本元極に電話をしたのですが、

治りたいと思えば思うほど意識は舌に集中して、

悪化したという構図です。

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

神社・仏閣

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

日之本元極功法


この功法を考えつく切っ掛けは、

今年1月インドでの功法示唆に続いて、

5月から6月、立て続けに修練者に問題が起こりました。

1つは、家庭内の大きな問題で、

正常に色々な物事を処理できなくなってしまった人がいました。

その大きな試練に、

耐えることができずにパニック状態です。

日之本に来た時には、

講師や他の修練者たちによる支えもあり、

目の前の事に集中しているときは忘れてもいますが、

それでも集中力にかけていました。

さらに家庭に帰り、周囲の者に、

家庭内の問題を繰り返して説明をしなければならない。

同じことを繰り返し、繰り返し説明し、

理解してもらえるように丁寧に話すことによって、

意識はさらにその問題一点に強化されていきました。

周囲の者に、そんなことを言い続けているのですから、

良いわけはありません。

まずは、このことの事態から抜け出さなければならないのです。

そして、このことを繰り返したがために、

落ち込むようになりました。

もともと、この人は、

一途に一つのことを思い込むような性格でしたから、

思い続けたら、このことから抜け出すことができないのです。

これがうつ病の基礎となる性格特徴なのです。

一つのことを考えすぎて、ほかのことを考えられなくて、

いわゆる猛烈社員が鬱病になるのと同じ原理です。

このような人は、性格特徴として鬱病を引き起こしやすいのです。

しかしながら、気持ちを修練に分散することができれば、

思いの重さは分散できるはずです。

一つの思いから解放されるのです。

そうした状態の持続は、最悪な事態です。

同じことを繰り返していること、

同じ思いを持ち続けなければいけないこと、

早く、そうした状態から引き上げて、

仕事や他の興味に向かわせることだと思います。

修練をたくさんさせることをした方が良いのです。

また、そうした状態では危険ですから、

自分で運転することはせず、

公共の交通機関などで移動するようにすることです。

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

神社・仏閣

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

日之本元極功法


今年の一月、インドで知り合ったラディさんの父親は、

一ヶ月の半分を普通に暮らし、

残りの半分を仕事もせずに、

人に振る舞って遊んで暮らしていたそうです。

これは、躁状態ではないか、

こういう躁状態は、なぜ起きるのか?

疑問に思ったので、神に聞いてみました。

これは、無形の肉体の異常だといえます。
天地のエネルギーの「陰と陽」の

受けとりのトラブルから起こっているものです。
人の身体には、どんな状態の時にでも

「陽と陰」を調整する機能がありますが、
そういう調整機能の乱れや不具合によって、
人の無形の身体に置いて、トラブルが起きるのです。
自然界の陰陽の凹凸は常に存在します。
季節の移り変わりもそうですし、
時の移り変わりも同じです。
そういう自然界の陰陽の影響を受けて、

通常であれば調整できるものが出来なくなって、

その影響の通りに生きているのです。
これは、あなたがたの功法の修練によって、

陰陽のコントロールができれば、
治っていく病気であるといえます。


自然による陰陽の変異が、

そのまま行動に出てきてしまうという、

このような事例も、見方によれば「躁欝病」と、

思われてしまっても致し方ないことだと言えます。

今になって考えてみれば、

この時点で既に「新心身共鳴神法」創作への示唆が

あったのではないかと思っています。

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

神社・仏閣

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。